亜鉛めっき(三価クロメート)

亜鉛めっきとクロメートの組み合わせによる強い防錆膜

鉄素地に対して高い防錆能力を持ち、素材を腐食から守ると共に、素地が局部的に露出した場合に於いても、亜鉛と鉄の間では亜鉛が陽極的な挙動を取り、亜鉛が自己犠牲的に腐食することで、鉄を錆から守る役割を果たします。

亜鉛めっき単体では変色などが起こり易いため、三価クロム系のクロメート処理(白・黒)をすることで、耐食性を上げることができます。

社内では、亜鉛めっきがバレルめっきの対応となりますので、お受けできる製品に限りがございます。

写真:無電解ニッケルめっき

主な用途

  • 自動車部品や一般部品の防錆膜